生前3点セット作成サポート


高齢や病気のため寝たきりの状態になった。

認知症が原因で家族の顔もわからなくなった。

事故や病気により、長期間にわたり植物状態や脳死状態になった。

家族や第三者に勝手に財産を使い込まれたくない。

判断能力が下がったときに悪徳商法にあわないようにしたい。 など


 誰にでも老後の不安があると思います。
 近年は、「老後の安心」を確保する為に下記の生前3点セットを作成している方が増えております。


生前3点セット


生前3点セットは、公証証書で作成することをお勧めしております。当事務所は、依頼者様に代わり公証役場と打合せ、依頼者様の希望にもとづく契約書案の作成などを担当させて頂きます。詳しくは、ご相談時に案内いたします。

 また、生前3点セットと同時に遺言書の作成をし、自身が亡くなったあとに、家族で財産をめぐって争いがおきないように配慮している方も多くなっております。


   

生前3点セット+遺言書の活用の流れ



■手続きの流れ


①ご相談   
お電話又はメールをいただいた後、お話をうかがいます。
手続きの内容と費用についてご納得いただいてから、正式にご依頼を承ります。
        ⇩  

②契約書案の作成  
お客様から希望内容を伺い契約書案を作成します。

        ⇩  

③公証役場と打合せ   
当事務所と公証役場で契約書案をもとに契約内容と公証役場に支払う手続き費用の打合せ、公証役場で契約をする日程の調整をします。
※公証役場との打合せは、お客様に進捗状況を報告しながら進めます。

        ⇩

④公正証書の作成  
■公正証書で生前3点セットを作成し、公証役場に手続き費用を支払います。

料金