相続放棄サポート

相続が発生すると、相続人は財産だけでなく、債務(借金)も相続します。借金を相続することを防ぐには、相続放棄という方法があります。
 また、他の相続人と遺産分割でもめたくない等、関わり合いを持ちたくないというようなケースでも相続放棄は有効です。
 相続放棄は、自己のために相続があったことを知ってから3か月内にしなければいけませんが、3ヶ月を超えても相続放棄をできるケースもありますので、お気軽にご相談ください。

手続きの流れ


①ご相談
お電話又はメールをいただいた後、お話をうかがいます。相続財産と負債の状況をお聞きし、相続放棄の手続きをすべきかどうか検討をします。相続放棄についての手続きの内容と費用についてご納得いただいてから、正式にご依頼を承ります。
※もちろん、一旦持ち帰ってゆっくり検討して頂いても構いません。              ⇩  

②必用書類の取得  
司法書士が職権で戸籍等の必要書類を取得した後、相続放棄申述書を作成します。お客様に申述書に署名・捺印していただきます。
申述書と必要書類が揃ったら、司法書士が家庭裁判所に相続放棄の申立てをします。
        ⇩  

③家庭裁判所からの照会   
相続放棄の申し立てをしてから約1週間で「照会書」(質問書のようなものです)という書類がお客様に裁判所から送られてきますので、回答を記入して裁判所に返信します。
        ⇩

④相続放棄の受理   
照会書に対する回答を送ってから約1週間で、家庭裁判所から相続放棄の申述を受理した旨の通知書がお客様に送られてきます。
これで相続放棄の手続きは完了となります。

 

料金

 

相続放棄の解決事例