不動産の生前贈与

不動産の生前贈与

不動産の所有者(譲渡人)が無償で不動産を譲渡する旨を伝え、譲受人がこれを受諾すると、その実質的な所有者は、当然に譲渡人から譲受人に代わります。
 ところが、不動産の登記簿上は贈与による所有権移転登記をしない限り、ずっと譲渡人名義のままとなります。
 登記名義人の変更手続きをしないと、譲渡人が亡くなってしまった場合に、生前に贈与された事情を知らない相続人によって相続登記がされてしまう可能性もあります。
 また、この手続きは、将来の相続に備えて相続税対策として利用されるケースもあります。この場合、税務申告の際には、贈与による所有権移転登記の完了した登記事項証明書(謄本)が必要になります。
 誰に対しても所有権者は自分であると主張できるよう名義変更の登記をすることが必要です。


手続きの流れ

 


料金

 

生前贈与を詳しく知りたい方へ


生前贈与
生前贈与のメリット・デメリット