相続不動産売却の解決事例

父名義の土地を売却をして兄弟2人で分割したケース


父名義の土地があるが、法定相続人の兄弟は遠隔地に住んでいるため、不動産を活用する予定がありません。

そのため、法定相続人の兄弟から相続不動産を売却して現金化をしてから、現金を2分の1ずつに分けたいと依頼がありました。

司法書士が戸籍の取得、及び、遺産分割協議書を作成し、相続登記完了後、相続不動産を売却しました。

不動産を売却した現金を兄弟で分割して、手続きが完了しました。