相続登記(数次相続)の解決事例

祖父名義の土地を遺産分割協議を経て依頼者名義に相続登記をしたケース


祖父名義の土地があるが、相続登記をしていませんでした。
その後、父も亡くなったため、依頼者Aが固定資産税の支払い、及び、管理をしていました。
依頼者Aから祖父名義の土地をA名義に相続登記をしたいと依頼がありました。

司法書士が戸籍の取得、及び、下記①と②の遺産分割協議書を作成し、
①亡父を相続人とする遺産分割協議を、亡父の相続人である母・依頼者A、叔母で行う。
②依頼者Aを相続人とする遺産分割協議を、母・依頼者Aで行う。

遺産分割協議書に法定相続人全員の署名・捺印がそろったら、必要書類を添付して法務局へ相続登記申請をしました。

相続登記完了後に、依頼者Aに依頼者A名義の登記権利証を納品しました。